どっちがお得?パソコン・ルーターのレンタルと購入を徹底比較

どんな方がレンタルを利用しているの

何と言っても初期費用を抑えられる

パソコンは安くても5万円以上するものが大半です。中には型落ち品や古いOSを使っているので安く出回っている製品もありますが、実際に使うとなると不満が出てくる事がほとんどです。
それに比べてパソコンレンタルは最新OS、性能が格安で契約出来ます。性能も多々ありますので、それが費用に直結しネットサーフィン程度であれば安価なパソコンでも充分です。
レンタル出来るパソコンはノートタイプが多いのですが、サービスを提供している企業によってはデスクトップやゲーミングパソコンといった高性能なパソコンがレンタル出来る場合もあります。
大よその費用は2~3日で3000円ほどなので「レポートを書くので今だけレンタルしたい。」「購入する前にお試しとして使いたい!」という方にもおすすめです。

カスタマイズ出来ないのが難点

パソコンを長年使っていると、自分がどの様な製品を求めているのか?という点が何となく分かってきます。
例えば多くのソフトやツールを起動し使うので、メモリが多く且つCPUの処理が単一ではなく複数処理が出来る様になっていないと使い続けられない。特定の操作を長時間行うのでとにかくパワーが必要といった点です。
パソコンレンタルの場合、新しい機種やユーザーのニーズに合わせた機種を揃える様にしていますがカスタマイズ出来ませんし、全てのニーズに合わせる事は出来ません。
その為、特定の処理をする方や特殊な機能がついているパソコンでないといけないというケースには向いていません。また最新機種を長期間レンタルすると費用が高くついてしまう事も考えられます。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ